スペックス
conerHome - SPEC's Report
10/05/15(Sat)
フェラーリ612スカリエッティ
今回、お客様のご要望で、スカリエッティが入庫いたしました。
フェラーリというと、どうしても派手なイメージがありましたが、このスカリエッティはデザインも比較的落ち着いた雰囲気で、また色も紺で非常に上品に見えます。
内装も紺とベージュのツートンでお洒落に仕上げて有ります。
後ろの座席にも十分乗車スペースが確保されています。
このスカリエッティでしたら、ある程度実用的に使えそうです。
(音はやはり派手ですが・・・笑)
10/05/11(Tue)
何か変だゾ〜・・・
何気なくショールームに展示してあるナローを見ていると、何か変な感じがするな〜。そうだシートが無い!!!
実はシートが無いわけではなく、ヘッドレストが無いのです。
この当時(1967年)のナローにはヘッドレストが無く、シートベルトも2点式、さらに右側のサイドミラーも有りません。
エ〜そんな状態で車検が通るの????
ご心配ありません。製造時がこのような状態であれば問題なく車検は通ります。現代の車輌をこのように改造した場合は、もちろんダメです。こんな所にも時代の流れを感じますが、今になるとかえって新鮮に思えます。
2点シートベルトをして、堂々とシートベルト検問をしている警察の前を通ってみたい。(笑)
10/05/10(Mon)
スクリーン張替え
久しぶりの更新になってしまいました。
申し訳ございません。
今回、先日ご成約いただいた、スピードスターのリアスクリーンの張替えを行いました。
スクリーンが新品になると、視界もクリアになりとても気持ちが良いものです。また、車全体の見た目も印象が変わってきます。
ディーラーですと幌全体の交換になり、非常に高額になってしまいますが、当社ではスクリーンのみの交換も可能です。
ボクスター、カブリオレ、スピードスター等スクリーン付きの車輌をお持ちの方は、張替えを検討されてみてはいかがでしょうか。

10/04/12(Mon)
最近思うこと
最近、車で走っていて思うことは、走っている車に個性がないナー。ということです。1BOX、軽、ワゴン、ハイブリッド系がほとんどで、たまに見かけるセダン系はベンツ。ベンツもこれだけ見かけると、昔のようなステイタスも、もはや壊滅状態だと思います。スポーツカーはほとんど見かけることがありません。
以前TV番組で、数人の子供たちに、フェラーリとプリウスを見せて、どちらがほしいと質問した所、ほとんどの子供がプリウスと答えていました。理由を聞いた所、燃費がいいから・・・。
私たちの頃のポルシェ、フェラーリは、一度でいいから触ってみたい。将来は一度でいいたら乗ってみたいという、憧れの存在でした。今の子供たちには、そういった夢は無いのでしょうか。将来の日本は大丈夫でしょうか・・・。
また、草食男子と呼ばれる最近の男性にも、特に車にも興味がなく、これといった趣味も無く、すべてにおいて何でもイイヤーといったことをよく耳にします。
逆に肉食女子と呼ばれる女性たちは、非常にアクティブで、趣味やファッションなどに非常に興味があり、それぞれの個性を演出しています。しかしいざ車選びとなると、個性のない軽、国産のコンパクトカーになってしまうのはどうしてなんだろーと不思議でなりません。そこで提案です。肉食女子のみなさん・・是非スポーツカー(できればポルシェ 笑)に乗ってください。つい先日真っ赤な911に乗っている女性を見かけました。思わず目がいってしまい、一人でカッコイーと叫んでいました。
ポルシェに乗っている自分を想像してみてください。回りからの印象は今より数段グレードアップして見えているはずです。
(たくさんの女性の方がこのレポートを見ているとは思えませんが・・・・・笑)
10/04/06(Tue)
964スピードスター オープンへの道
大げさな題名ですが、みなさんあまり見たことのないスピードスターの幌の開け方を紹介させていただきます。
まずは幌のかぶった状態です。
幌がかぶっていても、スピードスターは独特の形状でとても格好いいですネ。クーペと比較しても明らかに屋根が低く、とてもスポーティです。では幌を開けていきます。
1 運転席後ろのトップカバーロックを解除します。
2 フロントガラス上の幌ロックを解除します。
3 トップカバーを少し持ち上げ、中から幌脱着用の紐を引き出します。
4 紐を両手で引き、トップカバーに掛かっている、幌の爪を外します。サイド部分も幌の爪を外しておきます。
5 幌の後ろ部分を持ち上げ、天井部分に被せます。
6 トップカバーを持ち上げ、開きます。
7 幌を室内に収納し、トップカバーを元に戻します。
8 トップカバーロックをロックします。
以上で終了です。慣れてしまえば1〜2分で完了です。
スピードスターはオープンで走るのが前提だと思いますが、真夏の暑い時期や、突然の雨も難なくこなせます。
10/04/03(Sat)
964スピードスター 車重比較
現在、在庫車輌の964スピードスターに乗ってみました。
特に問題なく快調。また、非常に軽さを感じました。
お客様にも試乗していただいた所、軽くてとても面白いとお褒めの言葉を頂きました。
そこで車輌重量を調べてみました。以下の数値はポル検公式テキストからの抜粋です。
964カレラ2 1,350Kg
964カレラ2カブリオレ 1,350Kg
964カレラ2タルガ 1,350Kg
964カレラRS 1,230Kg
964スピードスター 1,260Kg
993カレラRS 1,279Kg
スピードスターは964カレラRSより30Kgほど重いものの、通常のカレラ2系より90Kgも軽いのです。
さらに993カレラRSよりも19Kgも軽量です。
これで、スピードスターに乗ったときの楽しさ、軽快さが少しはご理解いただけると思います。
また、見た目も格好いいシネ〜。
10/03/29(Mon)
奇跡の2ショット
現在当社に964スピードスターとお客様の964ターボSの2台があります。2台の希少性を考えると、ほぼ奇跡に近い2ショットだと思います。そこで2台を並べて写真を撮ってみました。
まずはスピードスター。傾斜がきつく小さなフロントガラス。それに伴う幅の狭いサイドガラス。ソフトトップを収納する独特のトップカバー。RSと同じレザーバケットシート。抜群にセンス良くまとまっています。カブリオレとよく比較されますが、全くの別物で格好良さが全然違います。
次はターボS。こちらも抜群に格好イ〜。
低い車高にリアフェンダーのエアインテーク。ターボS専用のリアウイング。軽量化された内装、ボディ等まさしくRSの手法にターボエンジンを搭載したRSターボのような存在です。
昔の911には非常に手の込んだ(コストも非常に掛かっていると思います。)車輌があります。現在の環境では2度とこういった車輌は生産されないのですかね〜。
こういった車輌は、有名な絵画などと同じ遺産です。
これからも大切にしていかねばなりません。
10/03/15(Mon)
F1 バーレーンGP
バーレーンGP見ましたか?
ベッテルの予選でのアタック。完全に頭のネジが3本くらい緩んでいます・・・天才です。
アロンソもさすが安定感抜群。攻守を心得てとてもクレバーな走りでした。先日もチーム内の争いが面白いと書きましたが、今回を見る限りでは、アロンソVSマッサはいい勝負。どちらも勝つ可能性が十分あると思います。ただ安定感ではアロンソの方が少し上かな・・・ハミルトンVSバトンは完全にハミルトンの勝ち。このままだとバトンは来年のシートが危ないと思います。
ロズベルグVSシューマッハは現時点ではロズベルグの勝ち。
ただシューマッハがこれまでの経験と、勝負勘を取り戻して来たら
いい勝負になるのではないでしょうか。
小林可夢偉もデラロサには予選でも絶対勝たないとダメです。
今回のレースを私の独断と偏見で点数を付けてみました。
アロンソ10点、マッサ8点、ハミルトン8点、ベッテル10点
ロズベルグ7点、シューマッハ7点、バトン3点、ウエーバー3点
小林3点こんな感じですかネー。
10/03/13(Sat)
2010 F1開幕
今年もF1が開幕しましたネー。
今の所どこのチームが強いのか、全くわからない状況です。
フェラーリ、メルセデス、マクラーレン、レッドブルの4強になるのかな?
今年の見所は、チーム内対決だと思います。
マクラーレンのハミルトンVSバトン、フェラーリのマッサVSアロンソに注目です。また小林可夢偉には期待しています。一度くらいは表彰台に上がってほしい。
開幕戦が楽しみです。
10/01/24(Sun)
993RSR
993RSRが入庫いたしました。
これから、外装、内装をレストアしいく予定です。
この車輌は、もともと全日本GT選手権用にフライジンガーの手により作られたもので、その当時の最新レースパーツを多数使用しています。(カーボンドア、フラットフェイスアクリルウインドーなど)サーキット専用車をお考えの方は、是非一度ご検討ください。
お問い合わせをお待ちしております。
10/01/19(Tue)
モバイル フィット
東京オートサロンに出品し、プレ販売をさせていただきました。
お蔭様で大好評をいただき、当初持ち込んだ200個が即日完売。
急遽、400個を追加いたしましたが、こちらもすべて完売いたしました。せっかくお越しいただき、ご購入を検討いただいた方には、大変申し訳ございませんでした。
現在はブラック一色の販売ですが、カラーバリエーションも今後追加する予定です。

このモバイル フィット、ご自宅のPCデスクなどはもちろん、車内での使用を考慮し、強力な吸盤でダッシュボードなどの多少凹凸のあるところでも取り付け可能です。意外と車内で携帯を置く場所に困ったことはありせんか?助手席などに転がしていませんか?
このモバイル フィットがあればスタイリッシュに設置でき、携帯の着信確認やi Phoneなどを使えば簡易ナビとしての使用も可能です。お問い合わせは、TEL 03−5759−5548へお願い致します。
10/01/18(Mon)
FSW7時間耐久レース 2010 結果報告
参加された皆様、大変お疲れ様でした。
当社のチームは3チームとも無事完走することが出来ました。
結果はエースチームがNS1クラス 3位
3年連続で、表彰台の一角を死守できました。
また、911DAYSチームがクラス6位、ジュニアチームが11位とみなさん健闘していただき、大変ご苦労様でした。
みんなで力を合わせて戦う7時間耐久。年を追うごとに皆さんの結束力も高まり、真剣に楽しくレースが出来ることをこれからも大切にして行きたいと思います。
是非来年は、一番高い所を奪還できるよう頑張りましょう。

«  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21  »   TOPへ戻る
coner 株式会社スペックス
愛知県名古屋市北区丸新町41 TEL:052-901-0808 specs@cd.mbn.or.jp

Copyright © 2009 SPEC'S. All rights reserved.